チャパティ

今日の浜松は、珍しく風もないあたたかな一日でした。


お夕飯は、冷蔵庫事情からクラムチャウダーと昨日から決めていました。
主食はどうしよう、、と思ったら、軽やかな今日のお天気も影響したのか?!
チャパティをすごく食べたくなり、久しぶりに作りました。


チャパティは、『アーユルヴェーダ 食事法 理論とレシピ』(香取薫、佐藤真紀子 著)の本に紹介されているものを気に入って、何度か作っています。


チャパティの生地を丸めて伸ばす作業をしていると、以前に観た映画 "聖者たちの食卓" を思い出しました。

インドにある特殊な地域にある寺院での、炊き出しの様子が、解説などもなく、静かに映されたものでした。

"食べる"ことを支える、全ての工程が、すべてのいのちへの祈りである、ことをじぃ〜んと感じられた、素敵な映画でした。


チャパティの生地を焼きながら、、
屋根があって、暑さ寒さからも身を守られ、飢えることもなく、こうして生きていることに、ありがたや〜、としみじみしながら、

"焼けたかな、どうかなぁ"とお煎餅屋さんにもなった気持ちで、

すべてのいのちのめぐりへの感謝とともに、ガスコンロの前に立っていました。


そんな今日のお夕飯は、

・クラムチャウダー
(新玉ねぎ、セロリ 、ごぼう 、人参、あさり、豆乳)
・チャパティ
・ギー
・先日作り冷凍していたレバーペースト
(蓮根、レーズン、レバー、カシューナッツ)
・ブロッコリー 、パセリ、レモン


長男くんは、チャパティをスープに浸したり、ギーを付けたりしながら、何枚も食べていました。

次男くんは、レバーペーストとチャパティを黙々と食べ、それぞれ嗜好が違って面白いなぁと思いました。



#産前産後養生
#妊婦ごはん
#子育て中
#浜松
#チャパティ
#アーユルヴェーダ 食事法 理論とレシピ
#聖者たちの食卓