喜食がいちばん

妊娠中は、またはそうでなくとも、"わたしが"心とからだが欲するものをいただいて、しあわせ満足がいちばんだなぁと感じます。

一人目を妊娠中のときには、助産師さんから"自分が食べたいと思うものを食べなさい"と言われていました。

ですが、当時は、"自然派"的な食や子育てについて偏った本ばかり読んでおり、玄米ぬか漬け味噌汁有れば!という脳になっていました。

二人目のときには、"肉を食べた方がいい"との助言を受け、"肉を食べないと!"と何だかせっせと食べていたように思い出します。。


三人目の今回は、今まで学んだアーユルヴェーダ や東洋医学的な視点も参考にしながら、"これが食べたい!"というものを素直に感じ、美味しくいただけているなぁと思います。


これまで妊娠中は、浮腫が出やすかったのですが、今回はあまり気にならないことに驚いています。
いつも妊娠中は甲状腺機能低下症と言われて、ホルモン剤を飲んでいるのですが、これまでは漢方にもお世話になっても浮腫は改善せずでした。


お産時の出血量も、これまで多かったので、
熱がこもりやすい体質をいろいろ薬味、香草など、食事の摂り方に気をつけて、今回は少ないといいなぁ、と願っています。。


と徒然回想してしまいました💦


今日のお昼ごはんは、次男くんがお昼寝中だったので、ゆっくり用意できました。

"優しいポタージュが食べたい!"な気分により、メニューは、、


・かぶ、蓮根、新玉ねぎ、ネギの豆乳ポタージュ
・鱈のピカタ、パセリin
・春菊とクルミ胡麻の和物
・ライ麦パン


スープは、コンソメを使わずに、素材と少しのお塩で、十分美味しいなぁと思います。

春菊とクルミの組み合わせは大好きで、今回はクルミを擦り、白練胡麻、ハチミツ、少しのお塩で和えました。

なかなかパン食にも合って美味しかったです^^


#産前産後養生
#妊婦ごはん
#子育て中
#浜松
#ポタージュ
#春菊
#妊娠中の甲状腺機能低下症