孫のような三男くん

最近三男くんは生後5か月を迎えました。

ここまで大きくなってくると、やっと、ほっと一安心します。

三人目のお産でお世話になった助産師さんが、話していたことを思い出しました。

生後7日目のお七夜で名前をお披露目したり、お宮参り、生後100 日ではお食い初めがあったり、節目を昔の人はよくわかっていたわね、、と。


今の時代に生きていることは、とても恵まれていることだなぁ、と、つくづくと感じるものです。


子どもたちにも、そのまた次の世代の子どもたちにも、そんな環境を受け継いでいけるか、、


とにもかくにも、子どもたちが健やかにまずは育つことに精を出す日々です。

アーユルヴェーダ は健やかに子どもを育むことにも、具体的に指南してくれます。

わが家も日々の子育てに活かされています。



四人お子さんがいる友人が、

"三人目は孫、四人目はひ孫、のようにかわいい"

と話していることに、合点!した最近です。


振れ幅の中で、それぞれの個性が育っていくのを、のんびり構えて、見守っていればいいんだなぁ、とか、

とりあえず大怪我しなければ、自分で失敗して学んでいくもんだなぁとか。。


大人が子どものゴールを作らずに、子どもがそれぞれのゴールを見つけて、歩むことをお手伝いするこが、親のできることかなぁ、、
と思うと楽しいものです。



長男くん、次男くんが、いろいろやらかしたり、不機嫌になっている中で、三男くんに目を向けると、
ホッと
安らぎの心に戻れるものだから、
赤ちゃんパワーはすごな!と思うのです。



#産前産後養生 #生後5か月 #赤ちゃん #アーユルヴェーダ  #子育て #孫のような三男 #男の子三人兄弟 #浜松