オイルケアの嬉しい効用

今日は一段と寒い風が吹いている浜松です。

家の裏の原っぱには、義父母が育てている銀杏の木々が紅葉して、黄色一色となり美しいです。

銀杏は、恐竜が生きた時代から存在し、気候変動の中も生き抜いてきた、強い植物です。

身近な銀杏ですが、絶滅危惧種に登録されているようで、大事に大事にしないとなぁと思いながら、紅葉を楽しませてもらっているこの頃です。


最近は、とても嬉しいお話を友人から聞きました。

以前に、友人に友人のご主人に合いそうなオイルでのオイルマッサージを勧めたところ、友人が早速実行してくれました。


オイルケアをご主人に始めてしばらく続けていたら、ご主人が突然夕飯後のお皿洗いをしたり、子どものお迎えに協力してくれるようになったそうです!

また、ご主人の就寝時間も早くなったため、友人の睡眠時間も4時間から6時間に変わった!!そうです。


話を聞いて、ご主人が友人のオイルケアで癒されただけでなく、友人もご主人からの愛を受け取って、健やかな方に生活が変わったことが、とてもとても嬉しいお話だと思いました。


オイルケアは、そのオイルとケアがもつ効用もありますが、セルフラブにも、相互を癒すコミュニケーションツールにもなります。


友人の話を聞いて、わたしも子どもたちだけでなく、夫にもオイルケアしてあげたいなぁと思いました。


寒くなってきましたが、温かな潤いのある、コミュニケーションは、生きるしあわせをより感じられそうです。



#オイルケア #夫婦 #家族 #セルフラブ #夫の家事参加 #コミュニケーション #スキンシップ #ベビーマッサージ #アーユルヴェーダ  #子育て中 #男の子三人兄弟 #浜松 #銀杏 #紅葉